YaDoc

外来 / 在宅

クリニックでもかかりつけ医、
オンラインでもかかりつけ医。

まえだクリニック
前田 正彦 院長 / 内科、消化器科、肝臓内科、在宅医療

整然とした美しい街並みが広がるアイランドシティ、福岡市東区香推照葉。まえだクリニックは、この地に「常に寄り添うかかりつけのクリニック」として、2016年に設立された診療所です。内科を中心とした若い世代の患者さんが外来で訪れる他、訪問診療にも対応する前田先生は、YaDocを用いたオンライン問診とビデオチャットによるオンライン診察を行っています。

医師と患者が治療に向き合うという、
本質的な医療のあり方。

従来の紙での問診が、オンライン問診に変わる。これによって、問診結果を、パソコンのモニター上に診療前に、パッと一目で把握できるようになりました。患者さんの主訴をあらかじめ把握することで、患者さんとより深いコミュニケーションに時間を使うことができるようになっています。

また過去からの経過がグラフとして可視化されるので、症状変化が捉えやすく、さらに患者さんにも示しながら、医師と一緒に話すことができるようになりました。症状が改善していく様子がデータにより可視化される事は、患者さんご自身の治療に対するモチベーションアップにつながっていると感じます。

特に生活習慣病は、軽度の場合は症状として認知されない場合が多いので、忙しさを理由に通院をやめてしまう方もいらっしゃいます。そういう方に頑張って通院を続けていただくためにもYaDocはぴったりだと思います。同じように、ビデオチャットによるオンライン診察にも手応えを感じています。

さらに、通常であれば、患者さんの日常生活は、なかなか見えません。しかし、生活習慣病などの食事や運動療法が必要になるケースでは、患者さん自身が日常生活の中で食事や運動療法を実践していかなくてはなりません。このようなケースに、日常の患者さんのデータを蓄えられるYaDocは一役買うはずです。

いつも傍に、を実現したい。

YaDocのオンライン診察では、しばしば患者さんのご家族も治療に参加していただきます。ご家族の方が口頭だけでは説明しづらい状態のとき、オンラインで患者さんの様子を実際に見せてもらえるというのは非常に助かります。

たとえば、胃ろうを使った栄養管理をしている場合、いつも気がかりなのはチューブの取り付けです。なので、実際にチューブまわりを見せてもらって確認しています。あとは栄養について困ったときは、患者さんのみならずケアをするご家族にもアドバイスできるという点も良いですね。患者さんやご家族からすると、困ったとき、不安な時に医師とオンラインで顔を見ながら話しができるということは、安心感につながっているようです。

また今後は、私の専門外の疾患を抱えた患者さんが訪れた時には、専門医の先生とYaDocでつなぐことで、より多くの方のかかりつけ医として患者さんを支えたいと思っています。医師同士の連携がとれることで、医療の質は上がり、それぞれの医師の負荷は軽減されるはずで、患者さんにとっても、我々医師にとってもよいことです。

さらに、悪くなってからの治療ではなく、事前の予防をしていきたいという想いもあります。診察室であっても、診察室の外であっても患者さんの様子や変化を何でも知っている「かかりつけ医」になりたいですね。


患者さんの声(M.Iさん)

前田先生には1年ほど前からお世話になっています。ある日先生からYaDocのオンライン問診を使って、診察前に症状を伝えてもらえませんかと言われました。使ってみて、とても有益だと感じました。なぜなら今入力した私の情報が、すぐにデータとして先生に共有され、診察室に入る前にしっかり伝わっているということですから。

また、伝える内容も自分で考えるのではなく、チェック項目なので、伝え漏れがなくちゃんと伝えられていると感じています。問診の結果は蓄積され、その変化がグラフ化されるのですが、そのグラフを見て最近は症状が落ち着いてきたなと実感します。

パッと見ただけでも、自分で変化がわかるのは治療をするうえで助かりますし安心します。将来的に他の病気にかかることもあると思いますが、どの病気にかかってもこのYaDocを通じて先生に自分の症状がうまく伝えられたらと思います。

YaDocの導入、および臨床における利用は、各医療機関の医師の判断によるものです。