10. データを連携する

目次

10-1. データを読み込む

IMG_0202-min--min.png

  1. 「記録」タブを押して、画面中央の「データ読み込み」を押します。​​​​​
  • Apple「ヘルスケア」のデータ連携の設定を行うと、「データ読み込み」のボタンが表示されます。
IMG_0240-min.png
  1. 「データの読み込みが完了しました」のメッセージが表示されたら「OK」を押します。データの読み込みが完了しました。

10-2. データを連携する

Apple「ヘルスケア」の詳細につきましては、Appleの公式サイトでご確認ください。

IMG_0241--min.png

  1. 画面下の「設定」を押します。
  2. 「ヘルスケア」を押します。
IMG_0242--min.png
  1. 「連携項目一覧」(体重、血圧、脈拍、歩数、消費カロリー)が表示されますので、連携したい項目をスライドして「オン」(緑色)にしてください。
  2. 「すべての項目をオンにする」を押すと、すべての項目が許可されます。

※ 項目ごとにスライドしてオフすることもできます。

  1.  画面下の「記録」を押し、記録を開始します。

 

 

10-3. データを連携する(Bluetooth)

※Bluetoothを利用したデータ連携は「iOS」のみ対応しています

※記録項目は「血圧、体温、体重、SpO2」が対応しています

※A&D血圧計など特定の機種のみが対応しています

190730BL001.png

  1. 記録から「血圧」を選択します ※ここでは例として「血圧」を押します。
190730BL002.png
  1. 画面右上の「読み込み」を押します

 

190730BL003.png
  1. A&D血圧計の「読み込む」を押します

 

190730BL004.png
  1. ペアリングを行います。血圧計の電源ボタンを長押ししてください

 

190730BL005.png
  1. 「ペアリング開始」を押します

 

190730BL006.png
  1. 「ペアリング」を押します

 

190730BL003.png
  1. 再度、左の画面が表示されますので、A&D血圧計の「読み込む」を押します

 

190730BL007.png
  1. 「データを取得しています」と表示されます

 

190730BL008.png
  1. データが反映したら「確定する」を押します

 

190730BL009.png
  1. データが反映して、完了のマークが表示されます