ご利用マニュアル

1. ログイン前におこなうこと

YaDoc Quickを活用したオンライン診療を実施するためには、YaDoc Quickの設定に加え、以下の手続きが必要になります。 円滑にオンライン診療を開始できるよう、あらかじめご一読ください。

1-1.口座振替(当社への支払い)    

【重要】 YaDoc Quickのご利用開始には、お申し込み後、サービス利用料のお支払情報の登録が必要です。以下の手順を参照のうえ、当社までお支払情報をご送付ください。

口座振替用紙の記載

YaDoc Quickへの申込フォームを送信すると、入力したアドレス宛にメールが送られます。

件名:【YaDoc Quick】申込完了と初期設定方法のお知らせ

メール本文の「口座振替申込書ダウンロード」から、口座振替用紙をダウンロードのうえ空欄に記載後、当社までご返送ください。記入方法や送付先については、以下よりご確認いただけます。

参考リンク:口座振替について(https://www.yadoc.jp/direct-debit

1-2. ビデオ通話システムの用意

【重要】 YaDoc Quickでは、ビデオ通話は外部システムを利用します。 YaDoc Quickの操作画面から、オンライン診察時の通話手段として「ビデオ通話」を選択する場合、別途Zoom社(以下:Zoom)のアカウントを作成いただく必要があります。

※すでにZoomアカウントをお持ちの場合は、再度契約いただく必要はありません。

Zoomの場合

Zoomの価格表ページへアクセスし、サイト内の案内に従ってご契約ください。

※ プランの指定はありません。

※ 無料プランでもご利用いただくことができますが、より安全な環境を希望する場合には有料プランにお申し込みください。

※ Zoomでオンライン診療を適切にご利用いただくため、当社が推奨する環境設定の手順を公開しています。 詳しくはこちらをご覧ください。
 

電話の場合

オンライン診察を電話で行う場合には、特別ご用意いただくものはありません。

1-3. 患者さんからの料金徴収

YaDoc Quickを活用したオンライン診療では、患者さんからの診療費請求手段として、「クレジットカード」「銀行振込」「次回対面時請求」の3つをご利用いただくことができます。ご利用予定の請求方法について、以下を参照のうえ、あらかじめご準備をお願いいたします。

YaDoc Quickの初期設定時に、ご準備いただいた請求方法の情報を入力ください。

クレジットカード

クレジットカードでの請求をご利用の場合は、当社指定のクレジット決済代行サービスである「Stripe」をご利用いただくことになります。 Stripeの申込・設定方法については本マニュアルの「2-3.決済情報の設定(一般)」をご確認ください。

銀行振込

YaDoc Quick内に、貴院口座情報を入力することでご利用いただけます。事前に必要情報をお手元にご用意ください。

次回対面時請求

次回の対面診察時にまとめて窓口でお支払いいただく場合は、こちらを選択ください。オンライン診察時に特別ご用意いただくものはありません。

2. YaDoc Quickの初期設定

2-1. ログイン

YaDoc Quickへの申込フォームを送信すると、入力したアドレス宛にメールが送られます。

件名:【YaDoc Quick】申込完了と初期設定方法のお知らせ

メール本文の「YaDoc Quickにログインする」より、ログインが可能です。

2-2. 医療機関情報の確認

2-2.jpg

医療機関情報の確認

ログイン後、左上の医療機関名を押下すると、医療機関の基本情報確認画面に遷移します。 申込時に入力した情報が正しく反映されていることをご確認ください。

パスワードの変更

医療機関情報の「管理者」セクション下部に「パスワード」の項目があります。「編集」ボタンを押し、任意のパスワードに設定ください。 パスワードは医療機関で保管し、紛失することのないようご留意ください。

医療機関情報に誤りがある場合

医療機関情報に誤りがある場合は、YaDoc Quickサポートセンターまでご連絡ください。 サポートセンターの連絡先については「5. お問い合わせ」よりご確認いただけます。

2-3. 決済情報の設定(一般)

患者さんへの請求は、あらかじめ用意したクレジットカード・銀行振込などの請求方法を受付科目ごとに適用することができます。 本項では、受付科目に設定するための準備についてご説明します。

2-4.jpg

「受付窓口」ボタンを押下し、次に「一般」が選択されていることを確認ください。

※受付科目の設定については「2-4.予約受付科目の設定」をご覧ください。
 

クレジットカード(Stripe)

クレジットカードの「利用開始」ボタンを押下し、必要項目を入力します。

Stripeでの登録内容についてはこちらを確認してください。

※請求にクレジットカードを用いる場合、Stripe社による審査があります。審査通過までは銀行振り込みや対面診察時の回収など、その他の請求方法をご利用ください。

銀行振込

銀行振込の「設定」ボタンを押下し、必要項目を入力してください。

2-4. 予約受付科目

YaDoc Quickでは、Zoomアカウントごとに「初診」「再診」など、用途に応じた受付科目を設定することができます。

受付科目の設定

本項目では、患者さんが予約する際の入力フォームを設定します。 患者さんにどのような項目を入力してもらいたいか、どの請求方法を適用したいかなど、自由に設定いただくことができます。

2-4.jpg

「受付窓口」ボタンを押下し、次に受付科目横の「新規作成」を押下してください。

画面右下にある「編集」を押下することで、各項目が編集できるようになります。

画面右下の「保存」ボタンを押すと、編集内容が保存されます。

※ビデオ通話にZoomを用いる場合、本設定時にZoomのサインイン情報が必要です。サインイン情報を用意のうえ「通話方法」セクション内の「接続する」ボタンを押し、画面の指示に従ってご登録ください。

3. 初期設定後に行うこと

3-1. 予約フォームを患者さんへ周知する

3-1_.jpg

「受付窓口」ボタンを押下し、次に「一般」が選択されていることを確認ください。 「予約フォーム」のURLに患者さんがアクセスし、予約フォームを送信することで、オンライン診察の予約を受け付けることができます。

予約フォームのURLは、患者さんへダイレクトメールなどに記載するか、医療機関のホームページに掲載するなどでアナウンスをしてください。

「オンライン診察予約フォーム」バナー

診察予約フォームのご案内バナーをご用意しています。貴院ホームページへの掲載などにご活用ください。

ダウンロード[Zip / 698KB]

4. 運用方法

①フォームから診察予約をする(患者さん)

患者さんが予約フォームにアクセスし、受付科目の選択や、受診希望日時などの入力項目を記入し、フォームを送信すると、診察予約が完了します。

  • ※ 入力項目は、受付科目ごとに医療機関側で設定することが可能です。
  • ※ 医療機関側で複数の請求方法を設定している場合、患者さんが自身に合った請求方法を選択できます。

②予約の確認(医療機関・患者さん)

患者さんが予約フォームを送信すると、医療機関と患者さんの双方に予約確認メールが送信されます。 患者さんにはメール内でZoomアプリのインストールリンクも添付されます。

4-2.jpg

YaDoc Quick上で予約を確認するには、医療機関画面の「予約」を押下してください。

※患者さんごとの管理画面はありません。また、2020年7月現在、患者さん名での予約検索も対応しておりません。

③診察開始

医療機関画面の「予約」から当日の予約を確認します。 診察時間になったら画面右下の「ビデオ通話」を押下します。

④診察終了・請求

診察終了後、予約の右下にある「通話完了」にチェックすると「請求」ボタンを押下できるようになります。

5. お問い合わせ方法

contact.jpg

ログイン後のYaDoc Quick画面で、右上の「?」を押下するとお問い合わせ先を確認いただけます。

YaDoc Quick サポートセンター
  • 営業時間:10:00〜17:00(土日祝を除く)
  • 電話でのお問い合わせ:オペレーターが即時対応いたします。
  • メールでのお問い合わせ:翌営業日中にご返答いたします。